外壁塗装の塗り替え診断

外壁塗装の塗り替え時期をわかりやすくお伝えします

ちょっとひび割れてきたけど、色あせてしまったけれどこれは本当に塗り替える必要があるのか?と思いながら放置していませんか。

弊社では外壁塗装の塗り替えを”5年に1度行う”ことをお勧めします。

外壁塗装は「見た目を良くするだけのもの」ではありません。壁の劣化や雨漏りを防ぎあなたのお宅の住環境を守る重要な役目を持っています。ですから外壁塗装の劣化を放置すると壁の傷みが早くなり大規模な工事が必要になることもあるのでご注意ください。

外壁塗装の塗り替え時期は5〜10年に一度と言われていますが、なぜ倍近くも開きがあるのかご存知ですか?実は外壁塗装の強さは塗料によって異なるのです。安価なアクリル塗料であれば5年、一般的なシリコン塗料であれば10年が目安となります。

したがって、最も安価な塗料を使われていることを前提に塗り替えてから5年で1度塗り替えを検討すべきなのです。

外壁劣化の見抜き方ポイント

外壁を塗り替えるタイミングになれば必ずといっていいほど劣化が見られます。外壁劣化の度合いが激しいようであればすぐにでも塗り替えたいところですが「一体どこを見たら良いのだろう?」とわからなければチェックしようがありません。

ここに、外壁劣化を見抜くためのポイントを紹介します。今すぐにでも外壁を確認してみましょう。

  • 触ると白いチョークのような粉がつく
  • ひび割れ(クラック)が起きている
  • 色あせがあり全体的に白っぽくなっている
  • 汚れがひどく黒ずみもある
  • 塗装が膨れている・剥がれているところがある
  • シーリングが切れている
  • カビや藻が生えている
  • 新築から5年を過ぎた

診断結果をご確認ください

緊急度低:様子見段階

色あせや変色 外壁が全体的に色あせてしまった時や一部に変色が見られる時は塗膜が劣化してきているサインです。ただ、すぐに大きな事故が起こるわけではないので経過観察で大丈夫です。ひびや剥離の発生をいち早く見つけられるようにしておきましょう。
外壁の汚れ 外壁塗装は汚れを守るために存在します。そのため汚れが直ちに壁を劣化させることはありません。ただし汚れをエサにカビやコケが生えると塗装にダメージを与えてしまいます。塗り替え以前にこまめな掃除を心がけてください。それだけでも塗膜の寿命を長持ちさせられます。
新築から5年が過ぎた 最も安いアクリル塗料を使っている場合は5年が耐用年数です。しかも工事の質によってはそれより早く寿命が来ることさえあります。一般的な塗料でもどこかに劣化が見えるものです。家全体を調べられないときも新築から5年を目安にプロに診断を受けることをおすすめします。

緊急度中:外壁塗装・工事の検討準備段階

カビや藻が生えている カビやコケ、藻が生えているなら外壁の塗り替えを検討すべきです。基本的にはカビなどの影響を受けづらいようになっているのですが雨水や汚れをエサに繁殖します。カビは家の中に侵食してアレルギーを引き起こしたり、コケや藻は湿気をためて塗料を劣化させます。塗装と別に放置すると駆除が難しくなる点も要注意です。
外壁が膨れる 外壁が膨れるということは内側から空気の力がかかっている証拠です。放置すると膨れた部分が一気に剥がれてしまうので気をつけましょう。外壁の膨れは熱と水蒸気によるものですが本来は塗装時に空気や水分が入らないようにするのが基本です。要するに施工不良の現れということです。

緊急度高:外壁塗装・工事が必要な段階

チョーキング現象 チョーキングとはチョークのように粉っぽくなることです。壁を触ると塗料が手につくのですぐわかるでしょう。チョーキングは塗料の崩れが始まっているサインで本来の効果を失いつつあります。このまま放っておくと塗膜のひび割れや剥がれ、カビの侵食を引き起こします。塗膜が弱まっている分、単にカビが生えているより危険です。
外壁・シーリングのひび割れ(クラック) ひび割れている部分は壁がむき出しになり、塗料に守られていません。そこから雨水が浸入して外壁の劣化やカビ、木造の場合はシロアリの原因となります。住宅の強度低下に直結するためひび割れた部分だけでも応急処置が必要です。ひび割れは塗料が劣化で薄くなると発生しやすくなります。
外壁・シーリングの剥がれ 塗装が剥がれている部分は壁がむき出しになり、塗料に守られていません。当然、ひび割れよりも放置するリスクが大きいです。壁の剥がれた部分はどんどん劣化していき塗装どころか壁そのものの修理に多額の費用を費やすことになりかねません。すぐに外壁塗装業者にご相談ください。外壁の塗り替えは問題が発生してからでは遅すぎることを知りましょう。

塗り替え時期と診断結果が出た方へ

いかがでしょう、あなたのお家がいまどのような状況にあるか診断できましたか?中には今すぐにでも外壁の塗り替えが必要な方もいらっしゃるでしょう。

外壁の状態にはそれに応じた緊急度があります。もし、外壁塗装の劣化を放置し続けると外壁が雨水、汚れ、カビ、コケの影響を受け放題になります。その結果としてこのような事態が起きかねません。

  • カビが外壁の中に根をはり、アレルギーが起きる
  • 壁がもろく崩れてくる
  • 外壁に雨水の通り道ができ、最終的に雨漏りする
  • 塗料の隙間からシロアリが浸入して家を食い荒らす
  • 塗料の劣化で見栄えがどんどん悪化する
  • コケが生えて壁が侵食していく

普段は気にしない外壁塗装には水分、カビ、汚れ、湿気など様々なものを防ぐ大事な働きがあります。正しい塗料と正しい工法を使えばあなたの壁を10年、より優れた塗料を使えばで20年守ることも可能です。

弊社はお客様が気軽に相談できるよう外壁の診断と見積もりは無料で行なっております。見積もりをしたからと契約を迫ることもございません。当社は信頼を大事にし、地域に根差す方針、お互い納得の上でないと契約には進まなことを徹底しております。お気軽にご相談ください。