塗装の流れ

塗装の流れ

外壁塗装の工事はただペンキを塗って終了ではありません。美しさが長持ちし、本来の性能をしっかりと発揮できるよう準備を念入りに行う必要があります。全ての工程をクリアするには1~2週間の期間が必要であり、「期間を短縮したい」というリクエストも頂きますが、どれも大切な作業ばかり。

外壁の美しさと耐久性は、地道な作業の積み重ねによって確かなものとなるのです。とはいえ、見えなければ不安を感じることもあるでしょう。実際の工事では現場はシートに覆われているため見ることができないため、この場を借りて一連の作業についてご紹介していきます。

STEP1仮設工事

まずは建物の周囲に足場を組み、周囲を養生シートで覆います。足場は専門の業者が設営します。足場を組む際には騒音が発生しますので、近隣の住民の方へ事前に挨拶回りをいたします。

STEP2高圧洗浄

高圧洗浄機を使って古い塗装や建物にこびりついたコケや汚れなどを洗い落とします。洗浄を行った後は乾燥させる必要があります。また、塗料が付着しては困る箇所(開口部や車など)を養生シートで覆います。

STEP3下地処理

目に見えない部分ですが、塗装の質を左右する非常に重要な作業です。外壁に欠損やひび割れなどがある場合には補修します。金属部分は防錆処理を行います。

STEP4塗装

いよいよ外壁塗装です。弊社では「三度塗り」を基本としています。塗料の密着性を良くするために「下塗り」を行い、乾いたら「中塗り」を行います。さらに「上塗り」を行うことで、耐久性が高くムラがない、美しい塗装が実現します。

STEP5最終チェック・足場解体

塗装が終了したら仕上がりをチェックし、塗り残しなどがあれば修正を行います。また、お客さまにも確認していただき、気になる部分があれば補修いたします。最終チェック後は足場を解体し、お引渡しとなります。一連の工程で1~2週間ほどかかります。